• トップ /
  • 大学を見据えた通信制高校選び

大学を見据えた通信制高校

大学を見据えた通信制高校選び

通信制高校から大学を目指すこと

現在、大学への入学をするために必要な資格に、高等学校または中等教育学校を卒業することが要件として挙げられています。そのため、全日制へ通学するかたちであれ通信制の課程であれ、高校を卒業することでこの資格をクリアし、大学への入学資格をもつことができます。大学に入学するのに必要な資格を認められているのには、全日制も通信制もどちらも変わりがありません。通信制高校のよいところは、毎日学校へ通わなくてはいけないという制約をおわないで勉強ができることにあります。そのために通信制高校を選択することで、高等学校の勉強をしながら高等学校以外の世界に大きく時間を割くことができます。高等学校の教育を受けながら、高等学校以外の世界にも知見を広げることができます。このような選択をできることは通信制高校の大きな強みであり、大学での専門的な研究にもつながりやすいと思われます。学費の面でも通信制高校は、高校教育無償化が行われたためにとても安い費用で通うことができます。大学への進学においても奨学金制度を利用して通える環境が整備されています。通信制高校の環境で学び学校以外の世界を持った人が進学するのには、学費の心配をしなくていいよう十分に制度が整えられているので学費のことばかり心配して進学をあきらめてしまうのはもったいないかもしれません。

通信制高校の良い情報

↑PAGE TOP