• トップ /
  • 通信制高校の特徴と大学への進学

通信制高校から大学進学

通信制高校の特徴と大学への進学

通信制高校から大学進学は可能か

まず通信制高校とは一般的な全日制高校や定時制高校とは違い、通信教育で自分のペースで勉強する事ができ3年以上をかけて卒業する高等学校である。卒業後の学歴は、全日制、定時制と同じく高校卒業が認められているのが特徴です。すでに働いている人や全日制高校での成績不振の人や家庭の事情等で高校に通えない人と幅広い人が利用しているのが特徴です。事情により全日制、定時制が通えない人でも卒業すると高校卒業の学歴が得られるので大学への進学が行える事も大きな特徴の一つになっています。通信制高校は単位制を設けている所が多く、レポートの提出、面接指導、試験を行って単位を取得していき、最短で3年から長い人では10年程の期間で卒業を目指します。通信制高校卒業後、大学への進学もできます。しかし、進学率でいうと全日制と比べると低い水準で開きがあります。要因の一つに、生徒のモチベーションが影響しています。これは通信制高校を卒業する事を目標にしてしまい大学へ行くという意識の低さがあり、卒業する事がゴールではないという意識が重要になってきます。もう一つに大学受験についていけないという問題があります。同じ勉強をしていてもきちんと理解出来ているのか、理解出来ないことを質問できる環境が必要になります。通信制高校では、高校ごとにどういう授業スタイルなのか見極める必要が重要になってきます。

通信制高校の良い情報

↑PAGE TOP